乾燥による肌の痒みの対処方法

私が悩んでいたのは、乾燥による肌の痒みに悩んでいました。冬場になると特に、お風呂上がりなどには、肌がつっぱっているのが自分でわかるほど、乾燥していて痛みを伴っていた点がとても長年に渡り気になっていました。
私が実践したスキンケア方法は、お風呂から上がってすぐにまず、顔にパックをつけるということを実践しました。後回しにするとめんどくさくなることから、一番最初に付けることで、忘れることとめんどくささを除くという方法です。
私がパックをし始めたことを実践してどうだったかというと、パックを外した後の化粧水や乳液のノリが、パックをする以前の自分の肌に比べて格段に、吸収率が良くなっているのが実感できました。また、パックという一手間を加えることで、肌への潤いがキープされ、朝起きた時もつっぱらず、もちもちとした肌で朝を迎えることができるようになりました。
パックをおすすめしたい人は、乾燥肌で悩んでいる方にお薦めしたいです。ポイントは、お風呂あがりに一番にするということが、長く毎日続けられるポイントと思うので、その部分も真似して実践してもらえたら嬉しいです。
毎日パックをするというのは、想像するとめんどくさそうとおもわれがちですが、日々のルーティーンの中に取り込むことで、無理なく日々続けられているので、ルーティーンになるまで、もちもち肌への道のりと思い続けてもらいたいです。