使ってみたら分かるんですがステマが多いので注意・・・

歯のホワイトニングとクリーニングはどう違うのでしょうか。
綺麗な白い歯がほしいという美容目的で主に受けるのがホワイトニングです。
歯は食事や喫煙などで生まれた時の白さを少しずつ失っていくものです。
黄ばんでしまった歯を元通りの白さにするのがホワイトニングです。
これに対して、クリーニングは、歯周病などの原因となる歯の汚れを落とすものですから、明確に医療を目的としています。
加えて、歯科予防の場合、単に見た目を改善するという他にも噛み合わせを良くし、顎の負担などを改善するという効果もあり、最近では利用する人が増えています。
ホワイトニングで歯が白くなる仕組みは、歯の表面につくコーヒー・紅茶・茶渋など色素を分解して漂白するので安全性がとても高いといわれているので神経にふれて浸みたりすることも。
それに、歯が全体的に綺麗になるわけではないですから、歯を再石灰化して強くしながらのも禁物ですね。
加えて、まだらな斑点ができるホワイトスポットは、歯質の強化やむし歯の予防もできるので一石二鳥です。
前から歯の黄ばみが気になっていました。
そんなとき、消しゴム型のブレスマイルクリアをお店で見つけました。
使用には1週間くらいの間隔をあけるようにお店の薬剤師の方にもアドバイスされていたのですが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。
一定の間隔をあけずに使ってしまうと、歯を傷付けるばかりか、内部組織が露出することで却って黄色く見えたりすることを知らずに使っていたので、取り返しのつかないことをしてしまいました。
何か月か前にようやく歯科予防が完了したばかりだったことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。
最近は歯科でホワイトニングやセルフホワイトニングを受ける方も増えてきました。
しかし、歯科に通院する回数については、歯科の方針に加え、患者さんの健康状態によっても変わるので、一概には言えません。
歯や歯茎の状態、つまり虫歯や歯周病の有無などでも通院すべき頻度や回数が変わってくるため、できれば通院を始める前に確認しておきたいですね。
また、一般歯科で虫歯などの治療を済ませてから、ホワイトニングなど美容を目的とした施術は審美歯科で行うなどの手段も合わせて検討するべきでしょう。
最近は多くの歯科でホワイトニングを扱っていますから、どこのクリニックで受けるか、選択にあたって重要なことがいくつかあります。
普通の歯科でもホワイトニングを扱うところが増えてきましたが、歯を綺麗にする施術に特に長けている審美歯科を利用することをお勧めします。
こうした審美歯科なら、それぞれの状況に合った手法を検討し、普通の歯医者さんよりも「美」を追求した施術を行ってくれるのです。
ホワイトニングの他に、歯科予防やインプラントなどの施術にあたっても、専門性という観点からクリニックを選ぶのがいいですね。