小鼻と頬の毛穴の開きと黒ずみ対策について

私が悩んでいたのは、小鼻と頬の毛穴の開きと黒ずみでした。毛穴ケアを始めた当初は毛穴パックが大流行しており、私ももれなく使っていました。その時は毛穴パックが毛穴に良くない事も知らず、パックを使っていました。あとは洗顔方法についても知識がなく、ゴシゴシ洗う方が良いと思っており、強く擦ったりもしていました。そう言った積み重ねで、気づくと毛穴の開き、黒ずみが蓄積し、ファンデーションを塗っても毛穴に入り込み、余計に毛穴が目立つと言う悪循環に陥っていました。
私が実践したスキンケア方法は、クレンジングと洗顔を見直すと言う事です。お肌の余計な油分まで落としてしまうと、過剰に皮脂が分泌され、毛穴の詰まりの原因になると聞いたので、ミルククレンジングに変え、ゴシゴシ擦らずにお肌の上でミルクを滑らす様に汚れを落とします。その後の洗顔も生クリームの様な泡を作り、お肌をクリームで包み込む用に優しく洗います。力が入り、摩擦が起きない様に、人差し指や中指は使わず、薬指を使って優しく汚れを落とします。その後の濯ぎもぬるま湯でもういいかな?と思ってから更に10回濯ぎ、洗い残しが無い様に綺麗にさ過ぎます。その後はすぐにスキンケアを行い、修れん効果のある化粧水をたっぷりとお肌に塗る事を意識しました。
私がクレンジングと洗顔の見直しを実践してどうだったかというと、今まで毛穴パックや汚れを落とすためにゴシゴシ擦っていた時よりも、優しく汚れを落とす事を意識したことで、毎日その日の汚れがしっかりと落ち、摩擦による肌へ負担も減ったことで毛穴の黒ずみは徐々に薄くなって行きました。毛穴の開きについても、修れんタイプの化粧水でしっかりと引き締め、保湿することでお肌がもっちりとしてきたことで、毛穴の開きも目立たなくなりました。
クレンジングと洗顔方法を見直すことをおすすめしたい人は、私の様に、毛穴の黒ずみと開きが気になっている方、今までパックで毛穴ケアをしていた人におすすめです。優しくミルクで汚れを落とし、化粧水で水分補給をしてあげるとお肌はびっくりする位変わります。
マスク生活での摩擦もあり、毛穴の黒ずみやケアの開きが気になっている方も多いと思います。マスク無しの生活は難しいからこそ、毎日しているクレンジング、洗顔方法を見直してみませんか?即効性はないですが、しっかり時間をかけてあげることで、お肌が驚くほと変わります。
【PR】
結子先生(ユイコ)に占ってもらう前にはこちらの専門サイトを一度見ておくことをお勧めします。