肉の焼き加減のおさらい

レア
表面だけがうっすらと焼けていて、中はまだ生の状態。約50℃になるとタンパク質の一部が固まり始め、生よりもパリッとした食感になりますが、まだ少し硬いです。
約50℃になると、タンパク質の一部が固まり始めるため、生よりもパリッとした食感になるが、まだ少し硬い。加熱によってタンパク質がまだ収縮していないので、繊維の中に肉汁が残っているのだ。指で押すと沈んでしまい、弾力性に欠けます。
ミディアム
肉の表面は茶色く、中はピンク色。肉の表面に焼き色がつき、中はピンク色で、中心部はややレアな赤色をしています。加熱すると中心部の温度が約60~70℃になり、タンパク質がほぼ固まった状態になります。その結果、肉はカリッとした食感になり、繊維の間から肉汁が染み出てくる。
肉を指で押すと、あまり沈まず、少し弾力があるのが特徴です。レアとミディアムの中間の焼き加減をミディアムレアと呼ぶ。
ウェルドン
表面がよく焼けていて、繊維がしなやかになっている状態。加熱すると中心部の温度は約70~77度になる。指で押すと、押し返すようなしっかりとした弾力性があります。
自分の好みの焼き加減は決まりましたか?