突然金縛りにあった話

恐る恐る母親が出てみると誰もいない雪の上の足跡もないことに気づいたが騒ぐの抑え台所に戻ってきた母親は血の気がなかった。
1時間後に電話があり文字が事故で亡くなったことを知った叔父の死を知った母親がやっぱりと呟いたその時の顔が未だに忘れられない私がある試験に挑戦していた時の話ですそれまで私は須藤試験に失敗し追い詰められていました。
働きながら数時間もの勉強をする毎日は根性のない私には大変つらかったものですその頃私は自分に自信を失いかけていましたある日のことですその日私はいつも通り仕事の後に勉強をして布団に入りましたすると眠りについたところで金縛りのような状態になりましたそして金縛りにあった状態で夢を見ていました